土曜15:30まで診療

tel.079-425-4133

花粉症・舌下免疫療法・鼻のレーザー治療・ゾレア®治療

ウサギ

花粉症とは

花粉症

花粉症は、植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性鼻炎の一種です。目の痒み、異物感、充血、涙が止まらない、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。原因物質としては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。花粉症が疑われるときは鼻鏡検査を行うとともに、血液検査によってアレルゲンを特定します。その上で、抗原回避や薬物療法を中心に治療を進めます。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、アレルギー症状を引き起こす物質を吸入することが原因となり、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こす疾患です。風邪とは異なり、のどの痛みや熱などは伴いません。アレルギー性鼻炎は家の埃やダニの糞・死骸、ペットの毛やフケ、カビなどによって起こります。

アレルギー性鼻炎の症状は、主として鼻と目に現れます。なかでも、くしゃみ・鼻水・鼻づまりが、その3大症状です。診療にあたって、まずは鼻炎の症状がアレルギー性かどうかを調べます。検査には問診、鼻鏡検査、血液検査などがあります。また、アレルギー性であったならば、何が原因になっているのかを調べます。

舌下免疫療法

舌下免疫療法

ダニアレルギーやスギ花粉症に関しては、一般的な治療のほかに、舌の下にお薬を入れる舌下免疫療法もあります。ダニアレルギーの場合は、皮下に注射する皮下免疫療法もありますが、舌下免疫療法の方が簡便に行えます。ダニを含むエキスを少量から始めて徐々に増やし、繰り返し服用することによって体を慣らし、アレルギー反応を起こさないように導いていきます。

また、スギ花粉症の舌下免疫療法では、舌の下にスギ花粉を含む治療薬を滴下します。この状態を保持させたまま2分間程そっとしておき、その後に飲み込みます。少量から始めて徐々に増やし、アレルギー反応を起こさないように仕向けていくことで、スギ花粉症を治癒に導くことが出来ます。継続的な治療が必要で、まずは2年間この治療を行い、効果を確認します。そこである程度効果の得られた方には、3~5年間の治療をお勧めします。

鼻レーザー治療

鼻レーザー治療

当院では、鼻レーザーを使ったアレルギー疾患の治療を行っております。アレルギー反応が起こる場所である鼻粘膜をレーザー照射によって変性させ、花粉などの抗原が入ってきてもアレルギー反応を起こしにくい状態にします。その結果、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を抑えることができます。治療は短時間で済むうえ、手術的粘膜切除、薬物による粘膜焼灼に比べて、疼痛・出血がほとんどありません。他の治療では治りにくい難治性の方、多忙なため十分な通院ができない方、妊婦さんなど薬による治療が制限される方にお勧めです。

ゾレア®治療

鼻レーザー治療

当院では、花粉症のアレルギー症状を抑えるためにゾレア®を使った治療を行っております。ゾレア®は花粉によって産生された抗体(IgE)体内の細胞の結合を邪魔することで、アレルギー反応(=炎症)を元から抑えます。その結果、花粉症の症状である鼻水・鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ等の症状がひどい患者様や、既存の薬では効果が薄かった方の症状を軽減する効果が期待できます。治療は花粉シーズン中に月に1~2回、当院にて皮下に注射致します(投与量と投与間隔は患者様の体重や血液検査の結果によって異なります)。また、保険適用のお薬ではありますが、新しいお薬のため他の花粉症治療よりも高額になることがあります。治療や費用に関することは当院までお問い合わせください。

耳鼻咽喉科・アレルギー科・頭頸部外科
〒675-0034 兵庫県加古川市加古川町稲屋1-1

アクセス

●車をご利用の場合

  • 車でJR【加古川駅】から5分

●電車をご利用の場合

  • かこバス 鳩里・尾上ルート【稲屋バス停】下車すぐ
  • 神姫バス 加古川西団地経由 加古川駅行きルート
    【稲屋バス停】下車すぐ
  • JR【加古川駅】から10分
  • 山陽電車【尾上の松駅】から9分
駐車場
駐車場24台/駐輪場あり
診療時間 日祝
8:30~12:00
15:00~18:30
12:00-15:30

12:00-15:30

【休診日】日曜日、祝日
※最終受付は診察終了時刻の15分前
木曜日の12:00~15:30は発熱外来および手術、特別予約外来となっております。

地図